ルート58〈ゴッパチ〉
沖縄が日本に返還された翌年に旅した沖縄は、まだ右側通行でした。
沖縄1号線は、人気のハイウェイで米兵がビール片手にドライブしていたり、アメリカで人気のドライブインがあったりして〈うちなわんちゅ〉にも愛された道です。アメリカのルート66といったところでしょうか?!その時代はまだ道路事情も悪く車が走るところだけアスファルトで信号機は道路中央にワイヤーで一個ぶら下がっていて、四面に赤と青のランプがチカチカしていたのを記憶しています。歩道は地道で、地道の脇にレンタバイク屋があります。小学生らしき店員からレンタルした50CCのバイクで沖縄1号線を走り出すと、凄いブーイングではなく、凄いクラクションの嵐!何事か解らず
そのまま走り続けて、やっと解った。
アクション映画のヒーローみたく数百メートルも逆送していました。
その何年か後、沖縄1号線は、国道58号線と名を変えてしまいました。
ルート58は鹿児島市の西郷隆盛像前から種子島〜奄美大島を経て沖縄県那覇市明治橋まで、なんと884.4km日本一長い国道なのです!?
人呼んで、【海のハイウェイ】と言われていたりします。
ゴッパチは当初、島津斉彬公の祀られている照国神社前を起点に(国道3号と国道10号の終点)琉球への始まりの道と考えられていたという。しかし、琉球の人々に強く反対され島津公の前からではなく西郷さんの前からなら良しということでGOとなったという説もある。
さすが西郷どんだね!
日本のルート66 ゴッパチ!
(日本の二桁国道では58号線が最後で、国道59号線も勿論66号線もない)
ゴッパチに乗っかって長いロマンの旅に出てみませんか?
素敵な出会いがきっと待っているような気がします。
因みに、西郷どんの前から東に進むと左は小松帯刀像、東郵便局、右に西本願寺、もっと進むと市電の線路を横切り、朝日通りと名を変え?雄大な鹿児島のシンボル桜島が見えてくる。
さらに進むと左にかごしまブランドショップ、右には、大阪経済界の重鎮、五代友厚像があり、その先にNHKがあり、次は海である。
海中をじっと見ていると海の中にみえるハイウェイ
ゴッパチが見えてきます?!  ホンマかいな!
鹿児島市内はたった
の700メートルしかない国道58線、
海を渡ることで多くの人々に愛された【道】!
まるで、西郷どんのような【道】
じゃっど!!!